Top >  社交ダンス関連 >  ダンススクールでのエチケット

ダンススクールでのエチケット

社交ダンスの教室やスクールなどでは、香水や口臭、体臭といった臭いというものには、十分気を配りましょう。
・香水
香水の好みなどというものは千差万別ですから、自分が気に入っている香水であっても、不快感を感じてしまう人もいるかも知れません。
さまざまな人たちが出入りする場所なのですから、他の人に嫌な思いをさせないように配慮するべきです。
とりわけ香水を好まない人にとっては、その匂いが自分の身体や服についてしまうことさえ嫌なことです。
不愉快な思いをしてまで、香水をつけている人と踊る人も少ないと思います。
ですから、香水を付ける場合には、十分配慮しなければなりません。
・口臭
ダンスをしている時には、男女間の距離が極めて近くなりますから、口臭が酷いと相手に不快感を与えてしまいます。
くれぐれも、パートナーに嫌な思いをさせないように、十分気をつけましょう。
・体臭
体臭がきついと、パートナーに不快感をもたらしてしまいます。
治療を施したり、絶えず清潔にしておくように心がけ、体臭を抑えるようにしましょう。

 <  前の記事 東京にある「西岡ダンススクール」  |  トップページ  |  次の記事 社交ダンス教室でのマナー  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6664

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「楽しい!社交ダンス!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。